法人の概要

名称 公益財団法人広島県教育事業団
所在地 広島市西区観音新町二丁目11番124号
TEL:082-228-8451
FAX:082-228-8441
設立年月日 昭和47年4月1日
設立目的 この法人は,スポーツ活動と健康・体力つくりの支援を通じてスポーツの普及・推進及び心身の健康の増進に寄与し,また埋蔵文化財の調査と研究を行い,文化財の活用及び保存意識の啓発を図り,県民の文化の振興に寄与するとともに,地域の活性化を図る事業を行い,地域社会の健全な発展に寄与することを目的とする。
基本金等の額及び県出資額 基本財産 23,410千円(うち県出資額20,000千円)
公益財団法人広島県教育事業団ロゴ

広島県教育事業団のシンボルマーク

公益財団法人広島県教育事業団の大きな2つの軸の要素を取り入れ,『Hiroshima』の『H』をモチーフとしています。
1つ目は「スポーツの普及,心身の健康の増進」として,両手を挙げたガッツポーズや応援する様,体操競技等,スポーツや健康を連想させる『人』のピクトグラム要素。
2つ目は「埋蔵文化財の研究,文化の振興」として,竪穴建物跡や土器等の文化財を連想させる『物』のアイコンイラスト要素。
この2つの『人』と『物』が『H』でイメージできるよう表現されています。

沿革

昭和47年~昭和63年

昭和47年4月1日 財団法人設立認可
基本財産 10,000千円(現在:23,410千円、うち県出資額20,000千円)
役員 理事15名以上20名以内 監事2名
事務所を広島市基町4番10号広島県立体育館に設置。
広島県教育委員会から県総合グランド・県立体育館・県立屋内プールの管理を受託
事務局を4部(総務部・総合グランド管理部・体育館管理部・屋内プール管理部)の8課制として発足
昭和51年4月1日 事務局の4部制を2部制(総務部・業務部)に改組
昭和54年9月15日 広島県スポーツ会館を開館
昭和55年4月1日 県立吉田少年自然の家・県立福山少年自然の家の管理の補助業務を受託
昭和56年4月1日 県立福山青年の家・県立七塚原青年の家・県立ふれあいの里青年の家の管理の補助業務を受託
昭和57年4月1日 事務局の部制を3局制(総務局・体育局・社会教育局)に改組
昭和58年4月1日 県立社会教育センターの管理の補助業務を受託
昭和61年4月1日 県立歴史民俗資料館・県立みよし風土記の丘の管理の補助業務を受託
昭和62年4月1日 縮景園・県立美術館の管理の補助業務を受託する。事務局に文化局を設置
昭和63年4月1日 県立図書館の管理の補助業務を受託
昭和63年4月1日 県立社会教育センターが県立生涯学習センターに名称変更

平成元年~平成31年

平成元年11月3日 県立歴史博物館の管理の補助業務を受託
平成2年5月31日 県立体育館の全面改築に伴い県立屋内プールを廃止し、県立体育館を休館
事務所を広島市中区基町10番23号県庁県税別館内に移転
平成3年9月17日 県立みよし公園の管理を受託
平成4年3月3日 事務所を広島市西区観音新町二丁目県総合グランド内に移転
平成4年9月1日 県立美術館が全面改築のため休館
平成5年4月1日 事務局の4局制を事務局長制に改組。
びんご広域運動公園受託準備室・体育館受託準備室を設置
平成5年10月15日 県立びんご運動公園の管理を受託
平成5年12月4日 事務所を広島市中区基町4番1号県立総合体育館内に移転
平成6年2月13日 県立体育館が県立総合体育館として開館
平成8年10月6日 県立美術館を全面改築して開館
平成10年3月31日 福山青年の家の業務補助契約を解除(県から福山市へ移譲)
平成14年3月31日 びんご運動公園管理運営委託契約を解除(県から尾道市へ運営委託)
平成15年3月31日 七塚原青年の家の業務補助契約を解除(廃止)
平成15年4月1日 財団法人広島県埋蔵文化財調査センターを統合し、事務局に埋蔵文化財調査室を置く。基本財産を23,410千円とする。
平成16年3月31日 図書館の業務補助契約を解除(図書館は、県の直営となる)
平成16年4月1日 県立総合体育館に利用料金制度を導入
平成16年8月31日 ふれあいの里青年の家の業務補助契約を解除(県から御調町へ移譲)
平成17年3月31日 総合グランド・みよし公園の管理運営委託契約を解除(総合グランド・みよし公園は、指定管理者の管理へ移管)
平成18年1月25日 県立総合体育館の管理を行う指定管理者に指定される(管理の期間 平成18年4月1日から平成21年3月31日)。
平成18年4月1日 県立総合体育館の指定管理者としての業務を開始する。事務局及び県立総合体育館の課制を廃止し,4業務部門制を導入
平成19年3月31日 少年自然の家(吉田、福山)の業務補助契約を解除
平成20年2月26日 広島県総合グランドの管理を行う指定管理者に指定される。(管理の期間 平成20年4月1日から平成23年3月31日)
平成20年3月31日 美術館・縮景園の管理運営の業務補助契約を解除(美術館・縮景園は、指定管理者の管理へ移管)
平成20年4月1日 広島県総合グランド(愛称:コカ・コーラウエスト広島総合グランド)の指定管理者としての業務を開始
平成21年3月12日 県立総合体育館の管理を行う指定管理者に指定される(管理の期間 平成21年4月1日から平成26年3月31日)。
平成21年3月31日 県立歴史民俗資料館・県立みよし風土記の丘・県立歴史博物館及び県立生涯学習センターの管理運営の業務補助契約を解除(県立歴史民俗資料館・県立みよし風土記の丘・県立歴史博物館及び県立生涯学習センターは県の直営となる。)
平成21年4月1日 県立総合体育館の指定管理者としての業務を開始
平成22年4月1日 県立総合体育館の4業務部門制を廃止し,2課制を導入
平成22年12月21日 広島県総合グランドの管理を行う指定管理者(ミズノ・広島県教育事業団グループ)に指定される。(管理の期間 平成23年4月1日から平成28年3月31日)
平成23年4月1日 広島県総合グランドの指定管理者(ミズノ・広島県教育事業団グループ)としての業務を開始
平成25年4月1日 公益財団法人広島県教育事業団に移行
平成26年3月26日 県立総合体育館の管理を行う指定管理者に指定される。(管理の期間 平成26年4月1日から平成31年3月31日)
平成26年4月1日 県立総合体育館の指定管理者としての業務を開始
平成28年3月31日 広島県総合グランドの指定管理者としての業務を終了
平成31年4月1日 県立総合体育館の指定管理者としての業務を開始
令和3年4月1日 広島県総合グランドの指定管理者(ひろしま未来創造パートナーズ:ミズノ他3社との共同企業体)としての業務を開始

評議員・役員(令和4年4月1日現在)

評議員名簿

評議員 松岡 宏道 広島県議会議員
評議員 小川 元史 広島県教育委員会事務局管理部長
評議員 山本 航三 (公財)広島県スポーツ協会常務理事
評議員 藤野 次史 広島大学名誉教授
評議員 本廣 淳範 IGL医療福祉専門学校長

役員名簿

代表理事 桜井 勝広 (公財)広島県教育事業団理事長
業務執行理事 加藤 浩司 (公財)広島県教育事業団事務局長
業務執行理事 野村 満史 (公財)広島県教育事業団総合体育館長
理事 古瀬 清秀 広島大学名誉教授
理事 畦地 博之 学識経験者
理事 三宅 信行 学識経験者
理事 松岡 誠治 広島県中小企業共済協同組合参与